栗原デンタルクリニック

栗原デンタルクリニック

MENU

歯周病

PERIODONTAL DISEASE

PERIODONTAL DISEASE TREATMENT歯周病治療

歯周病

  • 検査
  • 基本治療
  • スケーリング
  • SRP

初期治療

歯周組織検査

歯周病

まず現在の歯周組織の状態を確認するために歯周組織検査を行います。
歯周ポケット(歯と歯茎の間の深さ)の測定、歯垢の付着状態、歯茎からの出血の有無、歯の動揺度などを検査していきます。

検査の値に応じてスケーリング(表面的な歯石、着色の除去)を行います。

その後、深い歯周ポケットが残存している部位にはSRP(麻酔下での歯石、感染物質の除去)を行います。深い歯周ポケットとはポケットが4mm以上の状態を指します。

初期治療を終えた状態で深い歯周ポケットが残存している場合、必要に応じて歯周外科治療に移行していきます。

GUM SURGERY歯周外科治療

  • MWF
  • APF
  • CTG
  • FGG
  • 根面被覆
  • 再生療法
  • GTR
  • GBR

歯周外科治療

MWF フラップ手術

歯茎に切開を加えて歯根面を露出させ、明視下で確実に歯石や感染物質を取り除く事ができます。
歯肉への侵襲を最小限に抑えることができるので術後の回復が比較的早いです。

APF 歯肉弁根尖側移動術

感染物質を除去するまでの術式はフラップ手術に準じていますが、歯肉を元の位置よりも下げて固定することにより確実に深いポケットを失くすことができます。
フラップ手術よりも歯肉の切開量が増えるので回復にやや時間を要します。

FGG 遊離歯肉移植術

細菌による侵襲やブラッシングなどの機械的な刺激に対して抵抗力が弱い粘膜部に上顎からかたい歯肉(角化歯肉)を移植する術式です。
これにより抵抗力の高い歯周組織を獲得することができます。
インプラント周囲の歯肉の改善の為に併用されることが多い術式です。

CTG 結合組織移植術

歯肉がさがって根面が露出した症例やインプラント時に粘膜の厚みを増大させるときに用いられる術式です。
FGG同様に上顎から組織を移植します。

再生療法

比較的狭い垂直的な骨の欠損部に対して、フラップ手術時に歯周組織を誘導する薬剤(エムドゲイン、リグロス)を塗布する術式です。

GTR、GBR

歯周病の悪化により失ってしまった歯周組織に対して人口骨やエムドゲインを使い歯周組織を再生させる術式です。
その中でも骨の再生に特化したものをGBRといい、インプラントを埋め込む際に必要な骨が足りない症例に用いられます。